事業内容局所排気装置

局所排気装置の必要性

労働安全衛生法に基づき、作業環境の改善を実現する。

局所排気装置とは、 「労働安全衛生法」に基づき、接着作業などで発散する有機溶剤蒸気を局所排気装置によって吸引捕集することにより、作業環境への汚染、拡散を防止するために導入設置する排気装置です。

局所排気システム

有害物質の拡散防止

局所排気装置は、人体に有害な汚れた空気による作業環境への汚染、拡散を防止するのはもちろん、集じん機や排ガス処理装置などの空気清浄装置をダクトに取り付け、屋外への排気による大気汚染を防ぎます。

プッシュプル型排気装置

汚染物質の拡散防止

プッシュプル型換気装置には、送風システムを持つ開放式と密閉された作業空間で排風システムを作動させ、送風機または空気供給開口部から取り入れた空気によって気流を起こし、作業員を溶剤・粉じんによる暴露から守るシステムです。

事例を見る